下関の三つの日本一!!
だから本場の高級食材の美味が楽しめる!

下関はくじら肉の陸揚量・流通量 日本一

日本一のヒミツは、うんちくページで!

日本一うんちくあれこれ くじら

日本一のくじらの街 下関。

  1. 「母船式捕鯨業の我が国唯一の基地 下関」
  2. 「鯨料理を出す店舗数※1日本一 下関」
  3. 「鯨肉陸揚量※2日本一 下関」
  4. 「鯨肉流通量※3続く、我が国唯一の基地 下関」
  5. 「近代捕鯨の発祥の地 そして商業捕鯨の再開の地 下関」
  6. 「下関から近代捕鯨が始まり、下関から商業捕鯨が再開」
  7. 「近代捕鯨の発祥 商業捕鯨の再開 鯨維新の下関」
  8. 「商業捕鯨の再開の地 下関」
  9. 「下関から始まる新しい捕鯨 ~商業捕鯨の再開の地~」
  10. 「くじら給食10万食※4 市あげて鯨に取り組む下関」

※1令和3年10月1日現在、鯨料理提供の意思表示をする「鯨料理店PRフラッグ」を掲げる店舗が市内109店舗あり、日本一であると推定
※2共同船舶㈱の陸揚状況により変化するが、確定している令和2年漁期は下関が過半数の764トンの陸揚げ(全体1,488トン、2位の仙台は684トン)
※3商業捕鯨再開後の鯨肉在庫量(冷凍品在庫量:水産庁調べ)から推定
※4釧路市調査の鯨関係予算額(市別)から推定

くじらは素晴らしい栄養価や機能性をもつ健康志向の現代社会のニーズに合った食材です。
くじらは部位毎に呼び名や料理方法が異なり、全て美味しく食べられます。
下関では江戸時代かた続く、くじら文化を守りつつ、くじら料理をこんにちまで伝えています。
下関でしか味わえないくじら料理をご堪能あれ!

下関とくじら

下関とくじら うんちく 下関とくじら うんちく 下関とくじら うんちく 下関とくじら うんちく 下関とくじら うんちく

生活に鯨食のススメ

生活に鯨食のススメ 生活に鯨食のススメ 生活に鯨食のススメ

いろいろあるよ!くじら料理